「ほっ」と。キャンペーン
<< 「いのちの大地」作陶展始まりました 久しぶりの畑 >>

pane classico itariano

話に聞いていたパン屋さんに行ってきました。

琵琶湖岸に目立つ黄色い三角屋根。
細い入り口を入ると庭になっていてテーブルとイスがあり外でいただけるようです。
飲み物も注文できるみたい。
おもちゃのようなおもしろい建物の中には薪窯もありました。

b0248410_16302147.jpg
バターや牛乳を使用せず国産小麦を使って焼きあげるハード系パンです。
酒粕のカンパーニュ、リンゴとレーズンのパン、座布団くらいあるパリパリの餃子の皮を焼いたようなパンを購入。

b0248410_16303853.jpg

酒粕の香りが車の中でも充満するちょっともちっとしたカンパーニュはほんのり甘い。
リンゴとレーズンのパンはハード系アップルパイ。両端の細い所までリンゴとレーズンが入っているのね~と驚く。
最後まで味を楽しめます。
空気が入って膨らんでいるので座布団みたいに見えるパリパリパンは塩がふってあり食べだすと止まりません。
細かく割ってサラダのトッピングにもしてみました。

b0248410_16304523.jpg
次はピザもいただいてみたい~^^



Pane Classico Itariano ( パネクラシコイタリアーノ) 滋賀県高島市新旭町饗庭1599 0740-33-7447 火・水休み
[PR]
by toubou-yasaka | 2016-11-27 01:12 | おいしい時間 | Comments(0)
<< 「いのちの大地」作陶展始まりました 久しぶりの畑 >>