<< 万願寺とうがらしの葉 紫の花 >>

まあるい菊

この菊が特別というわけではなく、近所のおばちゃんからいただいたのが始まりで育てることになってしまったまある

い菊。秋から冬にかけて玄関前を華やかに飾ります。半年は世話をしなければならないのでちょっと大変。

冬を越えた枝からでた新芽を4月末に挿し芽にします。花の色はピンク、黄、白。あと赤も育てますがこれは5月に新

芽を根ごと畑に移植します。
b0248410_2222437.jpg

根が出てしっかりしてきたら6月に畑へ移植。だんだん丸い形になり、花芽ができる前にはみ出た枝などをカットして

形を整えていきます。髪を切っているようでおもしろい。それならこんなこともできるのではと思い、四角や円錐にし

てみたけれど、やっぱり丸が一番きれいに花が付くようです。
b0248410_22434946.jpg

赤い菊(左)とピンクの菊(右)。花芽の付き方が違うのです。

b0248410_22462454.jpgb0248410_22461193.jpg

咲き始めたら植木鉢に移すのですが、大きくなると鉢も大きくしなければならず腰に負担がかかります。なのでカット

は小さくするためにも大切なことなんです。

ピンクの菊から咲き始めます。次に黄、白という順番。赤は一番最後です。

ポキッと折れやすいので慎重に、今日はピンクの移し替え~。
b0248410_2303868.jpg

[PR]
by toubou-yasaka | 2012-10-14 23:16 | 花の時間
<< 万願寺とうがらしの葉 紫の花 >>