<< 朝顔とヘリ ロロン >>

北大路魯山人の美

京都国立近代美術館で8月16日まで開催の「北大路魯山人の美」を見に行きました。
b0248410_23073769.jpg

この展示でおもしろかったのはテーブルセッティング風に作品を並べてあったり、作品に料理が盛り付けてある映像があったりといろんな角度で見れたことです。

その映像で白いテーブルに「銀座久兵衛」の板前さんが接客する様子や握りなどが俯瞰で映し出され、お客さんがお寿司を食べる気持ちが味わえるというものがありました。(バーチャル久兵衛だ!)

もちろん皿は魯山人の俎板皿です。

何より握り方を上から見れるのもすごいことです。

そして後ろの壁に詩が・・・

 シャキシャキして旨いもの
 グミグミしいることがよいもの
 シコシコして旨いもの
 ネチネチして善なるもの
 カリカリしてよいもの
 グニャグニャして旨いもの
 モチモチまたポクポクして可なるもの
 ザラザラして旨いもの
 ネバネバ・・・・
 シャリシャリ・・・
 コリコリ・・・

と続くのですがあちこちの壁に言葉が刻んであるのも楽しい。

島根と来年東京でも開催されるそうです。

 








by toubou-yasaka | 2015-08-05 23:44 | 或る一日 | Comments(2)
Commented by asahinahikari at 2015-08-06 07:10
おはようございます
魯山人の陶芸展を楽しく見てこられた様子が伺えます
人間の触感って色々とあるのですね〜
魯山人の食べるものを載せる精神が伝わってきます

↓のロロンかぼちゃは幾つ出来ましたか〜
私はロロンと思って植えたわけではないのですが
美味しいカボチャに驚きました〜
Commented by toubou-yasaka at 2015-08-08 00:17
光さんへ
とても楽しい展示でした。
来年東京での開催お時間あればぜひ。
ロロンは美味しいですよね!今までで6個ほど収穫しました。まだできてるみたいですね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 朝顔とヘリ ロロン >>