人気ブログランキング |
<< 梅と糸切餅 ギャラリーへの改装⑦ >>

氷魚の佃煮

鮎の稚魚のことを氷魚(ひうお)といいます。
氷のように光っているからなのですが、これが今頃たまに売られているのを見つけます。
なかなかお目にかかれないので即購入。500gくらいで850円。
これはかま揚げシラスのように茹でて酢醤油で食べたり、佃煮にすることが多いです。
佃煮で売られているものは水あめがが入っているのか硬く感じるのです。そのあたりは柔らかく煮るようにしました。

醤油と砂糖と山椒で煮ていきます。

b0248410_10152428.jpgb0248410_10153000.jpg












水分が多く柔らかいのでゆっくり混ぜながら。小さいシマエビもいますね~
いつも冷凍保存しておく実山椒も必ず入れます。

b0248410_10200794.jpg b0248410_10154322.jpg













水分をなくしていき出来上がり。ちょっとした苦みが実山頂と合って美味しいです。

b0248410_10154786.jpgb0248410_10155327.jpg













by toubou-yasaka | 2016-02-10 10:33 | 台所の時間 | Comments(6)
Commented by efendi at 2016-02-10 16:35
これはシラスとは違うものでしょうかね?こういう稚魚って成魚になる前ですから貴重な食べ物ですよね。
幼少当時はこういった稚魚の中に紛れているエビとかタコを選別するのに忙しく食事が長引いたものです。笑
Commented by asahinahikari at 2016-02-10 18:31
こんばんは
鮎の稚魚とは珍しいですね〜
シラスと違って苦みがあるのですか
山椒も入って美味しくなった事でしょう〜
これも見れる頃は今時分なんですね〜春告げ魚ですね
Commented by enjoy-wales at 2016-02-13 22:10
お久しぶりです!
これはまた懐かしい!父が滋賀出身なので、これを琵琶湖へ獲りに行った思い出があります。子供の頃は特に食べたいと思わなかったのが、今はごはんと一緒にいただきたいと切に思います。^^
山椒とよく合いそうですね。あ~美味しそう!
Commented by toubou-yasaka at 2016-02-15 18:41
efendiさんへ
シラスはイワシ?の稚魚でしょうか・・・違ったらごめんなさい。
こういった紛れているものって得した気分になりますよね~そういえば子供の絵本(写真の大型本)に「まぎれもん」とかいう本がありましてシラスの中に紛れているものを探す本がありましたよ^^
Commented by toubou-yasaka at 2016-02-15 18:43
光さんへ
今だけなので嬉しいですね~
小さくても鮎なので内臓部分がちょっと苦いのです。それが美味しいのですけれど~
Commented by toubou-yasaka at 2016-02-15 18:47
kikiさんへ
やはり獲りに行ったことがあるのですね。
今はずいぶん貴重なものなので氷魚は勝手に獲れないでしょうね~
また佃煮作りたくなりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 梅と糸切餅 ギャラリーへの改装⑦ >>