<< 梅と糸切餅 ギャラリーへの改装⑦ >>

氷魚の佃煮

鮎の稚魚のことを氷魚(ひうお)といいます。
氷のように光っているからなのですが、これが今頃たまに売られているのを見つけます。
なかなかお目にかかれないので即購入。500gくらいで850円。
これはかま揚げシラスのように茹でて酢醤油で食べたり、佃煮にすることが多いです。
佃煮で売られているものは水あめがが入っているのか硬く感じるのです。そのあたりは柔らかく煮るようにしました。

醤油と砂糖と山椒で煮ていきます。

b0248410_10152428.jpgb0248410_10153000.jpg












水分が多く柔らかいのでゆっくり混ぜながら。小さいシマエビもいますね~
いつも冷凍保存しておく実山椒も必ず入れます。

b0248410_10200794.jpg b0248410_10154322.jpg













水分をなくしていき出来上がり。ちょっとした苦みが実山頂と合って美味しいです。

b0248410_10154786.jpgb0248410_10155327.jpg













[PR]
by toubou-yasaka | 2016-02-10 10:33 | 台所の時間
<< 梅と糸切餅 ギャラリーへの改装⑦ >>