<< 洋と和のジェノベーゼ グループ展「VICE] >>

赤しそシロップ

マーケットで赤しそを見るたび今年も梅干しを漬けることできなかったな~とうだうだ思っていた。

ずっと山もりの赤しそが気になっていたので赤しそシロップというものを作ってみることに。

赤しそ500g(葉のみ) 水500ml 鍋に入れて2分煮る。
湯を切り軽く絞ったエキスを鍋に入れきび砂糖100gを弱火で溶かす。溶けた火を止めて酢60ml入れる。

というレシピですが全て適当にしてしまいました。
鍋に入れた赤しそ(500gあるかも量らず)が湯に浸かりきらないので水を結構足してしまい、2分以上煮てしまい・・・

b0248410_15402149.jpgb0248410_15402545.jpg











細かいゴミが気になったのでざるに灰汁取りシートを敷いて漉してみたり・・・

b0248410_15403005.jpgb0248410_15403580.jpg












久々の玉姫酢の登場。これは本当に美味しい!おすすめです^^
ちょっと増量した酢を入れると鮮やかな色に~

b0248410_15404881.jpgb0248410_15404254.jpg












水が500mlの意味がわかった。シロップといえるような濃さにするには少なくして濃くするということなのですね~
水を増やしたので薄めのシロップだから1杯にたくさん必要ということ。
でもさっぱりする夏にはいい飲み物です^^
b0248410_15405372.jpg

ちょっと痛い話。
紫陽花の剪定をしていたら思いっきり何かに刺され飛び上がるほど痛く、手袋を脱いでみたら刺されたところから血が~~~
だんだん赤く腫れてしまいには血管がなくななるほどに。ひどい手だ。
翌日からは痛痒く腫れもおさまらず。
紫陽花の茂みに蜂の巣があるのを発見。今蜂が巣づくりしてぶんぶん飛んでるのです。
現在は元に戻りましたが刺された箇所だけ跡が残っている始末。よく見ると二カ所刺されたみたいです(T_T)
b0248410_16012364.jpg

[PR]
by toubou-yasaka | 2016-07-28 16:15 | 台所の時間
<< 洋と和のジェノベーゼ グループ展「VICE] >>