人気ブログランキング |

カテゴリ:台所の時間( 101 )

ふきみそ

「ふきみそ」と言えばフキノトウで作ることしか知らなかったのですが、この前テレビでフキと葉を使って作ることを知りました。
「NHKきょうの料理」だったでしょうか。。。

b0248410_01401765.jpg
茎を塩で板摺します。2分ほど茹でたら葉を入れてさらに1分茹でます。
水にとりスジを取ります。

b0248410_01400179.jpg
10分灰汁抜き。

b0248410_01402634.jpg
みじん切りにしてごま油で炒めます。
味噌、みりん、白ごまを入れて煮詰める。最後に鰹節を入れる。
b0248410_01403252.jpg
フキノトウで作るより独特の苦みは少ないですが食べやすいふきみそです。

b0248410_01403836.jpg


紹介されていた活用レシピです。
蒸した(茹でた)ジャガイモにふきみそとバターを少々。大人な味わいのポテトサラダです^^

b0248410_01404342.jpg

by toubou-yasaka | 2019-05-23 01:35 | 台所の時間 | Comments(0)

さらっとした花山椒の佃煮

今年もたくさんの花山椒がつきました。
花がつく木は最初新芽が出るのですが、花が咲くと出てきません。
実がなる木も新芽が次々と出てこないのです。
新芽がどんどん出てくるのは葉しか出ない木なのです。最近分かったこと。。。
b0248410_14481631.jpg
黄色い小さな花が咲き始めそうになったら(できるだけ蕾がいい)花だけを集めて佃煮にします。
こんなにとっても出来上がりは少し。

b0248410_14482266.jpg
白だししょうゆ、みりん、酒で煮詰めていきます。
今回はわりとさらっとした感じに仕上げました。ちゃんと山椒の香りがして美味しいです^^

b0248410_14482714.jpg



by toubou-yasaka | 2019-05-20 14:59 | 台所の時間 | Comments(2)

ニンジンジャム

今畑には3色のニンジンがあります。オレンジ・黄・紫です。

b0248410_23195593.jpg
紫は種を蒔いてもなかなか発芽してくれない品種でした。
できたものは紫と白のツートンで写真と違うと思いましたが、もちろんどのニンジンも生で食べて美味しいです。

たくさんあるあるわけですのでジャムにしてみました。
オレンジは普通なのであまり見かけない紫と黄で作ることに・・・

茹でたらゆで汁が紫色になり、「あ~蒸せばよかったかも」と後悔。。。
なんとなく栄養が減った気分ですが、茹で上がったニンジンとスライスした生姜をフードプロセッサーに。

b0248410_23200219.jpg

b0248410_23201519.jpg




わ~!見た目紫芋かこしあんかという感じです。すごく甘そうに見えるけれどニンジンです。

鍋に砂糖、はちみつを入れて水分を飛ばします。レモン汁も入れますがパッと明るい色に!
ラム酒(ブランデーでもいい)入れてさらに水分を飛ばします。

b0248410_23203642.jpg
b0248410_23204755.jpg


一枚ほど生姜が多かったかな~。
ジャムというよりペーストですね。クリームチーズによく合います。
光の当たり具合で写真の色が全然違いますが、きれいな赤紫色のニンジンジャムになりました。

b0248410_23205459.jpg
b0248410_23210400.jpg




by toubou-yasaka | 2019-01-21 00:06 | 台所の時間 | Comments(2)

アドベリー

じめじめとした日が続いております。
ついこの間までからっとした日が珍しいなと思っていたら、
このところどっしりとした湿気が体にまとわりつきます。

ご近所でアドベリーというブラックベリーに似た畑があります。
本当はポイセンベリーという名前なのですが地域の特産にするということでこんな名前が付きました。
粒々の種がありけっこう酸っぱいのですが黒く熟していると美味しいです。
枝にトゲがありちゃんとカバーしてないと傷だらけとなります。

これと我が家のブルーベリーとでジャムを作りました。

b0248410_00502124.jpg

b0248410_00501456.jpg


ブルーベリーは鈴なりです!ブルーベリー専用の肥料がいいのかしら?

b0248410_00502795.jpg


b0248410_00503324.jpg

砂糖をたくさん入れて煮詰めると真っ赤というか紫といいますか・・・
木べらが思いっきり染まりました(^_^;)ふき取った布巾も~赤い・・・
b0248410_00504046.jpg
















by toubou-yasaka | 2017-07-03 01:10 | 台所の時間 | Comments(0)

梅仕事

今年は梅干し作るぞ!と思っていましたがいろんな食べ方があるのでいろいろとチャレンジしてみることにしました。
作り方はだいぶ端折っておりますm(__)m

「青梅の砂糖漬け」
青梅を串で穴を開けるのではなく、へらで叩き割ります。ちょっと力がいりますが・・・砂糖をまぶします。

b0248410_18163644.jpg
b0248410_18164250.jpg













一日経って砂糖がほぼ溶けたら梅を取り出し、シロップは鍋に入れて火にかけます。灰汁を取りながら砂糖を溶かし、冷めたら梅の瓶に入れます。冷蔵庫で保存します。いつも梅がシロップに漬かっているように。

b0248410_18164924.jpg


「カリカリ小梅」
コンビニにある小袋に入った大きなカリカリ梅を食べてからこれって作れないかなと思い小梅で作ってみました。
塩と卵の殻とホワイトリカーを入れて重石をします。

b0248410_18165843.jpg
b0248410_18170504.jpg














白梅酢が上がってくすんだ緑色になったら重石を軽くして冷蔵庫で保存します。いつも梅が漬け汁に漬かっているように。
食べてみると塩が効いているのでお弁当にはいいかも~
でもコンビニのものはおやつっぽかったから甘酸っぱいという感じ・・・
苦肉の策で遅いかもしれないけれどはちみつ入れてザラメも入れて(氷砂糖のほうがよかったか?)保存中。

b0248410_18171205.jpg



「さしす梅干し」
NHKきょうの料理で紹介していたものです。これは簡単だし美味しそうでしたので作ってみました。

b0248410_18171921.jpg

お酢はもちろん京都北野・斎藤造酢店の玉姫酢です。これは本当においしいです^^


瓶に入れていたら分量のお酢が入りきらないので減らすことに。土用干しするまで漬けておきます。
汁はドレッシングなどに使うそうです。


b0248410_18172599.jpg
b0248410_18173157.jpg


全て出来上がりはまだですが美味しくできるといいですね~♪

あ!あと梅ジャムも作ろうかな・・・・






by toubou-yasaka | 2017-06-21 19:10 | 台所の時間 | Comments(0)

花山椒の佃煮とマクロ

我が家には葉と花の山椒の木があります。
去年葉しかできない木が突然実がなり始め、半分ずつの状態。こんなこともあるのですね~
花山椒は咲ききる前に摘み取り、醤油、味醂で佃煮にしました。

b0248410_18551197.jpg



b0248410_18553279.jpgb0248410_18554075.jpg



















ちょっとしかできませんがほのかな辛さがちょうどよい貴重品です^^

b0248410_18554640.jpg



最近スマホの面白いおもちゃを手に入れました。
カメラのレンズです。
マクロレンズはモノにピタリとくっつけないと撮影できません。
面白いものが撮影できそうです^^
<タンポポ・サクラソウ・ビオラ>
b0248410_09164262.jpg
b0248410_09170287.jpg


b0248410_09165478.jpg

by toubou-yasaka | 2017-05-02 09:25 | 台所の時間 | Comments(2)

タラのペースト

寒くなってきましたのでお鍋料理が多くなります。スーパーマーケットでは鍋の食材でタラがたくさん並んでいますが、今日は鍋ではなくペーストです。
そしてそのペーストをじゃがいもとコロッケにします。
これは「ばーさんがじーさんに作る食卓」で紹介されていた「高山なおみの料理」という本からの料理です。
ちょっと手間がかりますがペーストは冷凍保存できます。


半分に切った塩だら5切れ(今回は生たらです。後で牛乳に入れる塩の分量を少し増やします。)にんにく、黒粒コショウ、ローリエを鍋に入れひたひたの水を入れて沸騰したらざるにあげる。熱いうちに骨と皮を取る。
b0248410_15150665.jpg

b0248410_15092603.jpgb0248410_15103029.jpg













ローリエは取り全てつぶす。鍋に牛乳250cc、オリーブオイル1/2カップ、塩を入れ沸騰させる。

b0248410_15110567.jpgb0248410_15121979.jpg












沸騰してきたらタラを入れヘラで混ぜながら水分を飛ばし炒っていく。パサパサになるように。

b0248410_15122300.jpgb0248410_15145212.jpg













出来上がりを見てこれって「でんぶ」じゃない?ピンク色にしたら「桜でんぶ」!
味付けは違うけれどこうして作るのか~と納得。

これをコロッケにします。
つぶしたじゃがいもにパセリなどの香草とタラのペーストを入れて細長い俵型にします。
親指みたいな小ささがとても良い。
b0248410_15153353.jpg

b0248410_15151394.jpgb0248410_15152272.jpg













この本とても素敵です。お料理はもちろんイラスト、文章、写真、器や道具も素朴でなじんだものになっていて見ていて飽きません。

b0248410_15154284.jpg

by toubou-yasaka | 2016-12-18 16:21 | 台所の時間 | Comments(0)

シソの実醤油漬け

この季節になるとよく香ってくる木犀。
我が家の庭には銀木製があります。金木犀よりちょっと抑えた感じの香りです。
b0248410_00004776.jpg

花壇ではいつの間にか咲いているシソの花。花が咲き終わりそうな頃シソの実を収穫し醤油漬けにします。
これが新米のご飯によく合う!作り方は簡単です~
b0248410_23575838.jpg
できるだけ種が黒くなりかけていないものが柔らかくて美味しいです。
指が黒くなるので手袋をはめて下からしごいて種だけ取ります。よく洗ってください。ちょっとくらい葉が入っていてもOK!

b0248410_23581457.jpgb0248410_23580704.jpg












醤油、酒、みりんを鍋に入れて煮切ってからシソの実を入れます。今まで煮切らず漬けていましたが煮切った方がまろやかになりますね。

b0248410_23582020.jpgb0248410_23582690.jpg












一日経つと味がしみて美味しくなります。
b0248410_23583339.jpg

by toubou-yasaka | 2016-10-04 00:15 | 台所の時間 | Comments(0)

柚子胡椒

昨年作ってから大変気に入っております柚子胡椒。昨年はコチラ
鍋の時には欠かせない薬味なので今年も作ります。

今年の青柚子は小さいので皮をむくのに苦労しました。青とうがらしは畑で育てたのですがなぜか辛くないものもできて選ぶのに手間がかかりました。
辛くないものはただの万願寺とうがらしみたいなものだけれど柔らかくないのであまり美味しくないのです。
ほっておいたらだんだん赤くなって鷹の爪になったわ!と思ったらこれもまた辛くない赤ピーマンとなっておりました・・・まだこの方が甘くて美味しかったです。
そんなわけで唐辛子は昨年を踏まえて種は取り除きました。

b0248410_01232553.jpgb0248410_01233142.jpg












柚子の皮と唐辛子と柚子汁少々をミルに入れて細かくします。この時息を吸うとむせますよ~
ボウルで塩を入れてよく混ぜます。塩の量は好みですが保存のためわりと多めに入れます。そしてちょっとまろやかにするため砂糖を少々入れます。

b0248410_01233854.jpgb0248410_01235327.jpg











小さな密閉容器に入れて乾燥と辛味がなくなるのを防ぐためラップをして蓋をします。
思ったより出来上がりが少ないのでさらに作る予定です。
b0248410_01235926.jpg

by toubou-yasaka | 2016-09-08 18:08 | 台所の時間 | Comments(0)

洋と和のジェノベーゼ

今日は朝早くからヘリの音が。毎年の農薬散布のラジコンヘリです。去年はコチラ
夏らしくひまわりが凛として咲いてくれてます。今年は丈が大きいのです。
b0248410_10392359.jpg

バジルが大きくなってきたのでジェノベーゼの作りだめです。今となっては分量は適当にしています。
材料はバジル、パセリ(イタリアンパセリ)、タイム、にんにく(すりおろす)、松の実、パルミジャーノ(すりおろす)、オリーブオイル、塩です。
ミキサーに最初オイルを少し入れ材料を入れます。混ざりにくいので少しずつオイルを足しながら。塩味は好みもあるので少しずつ足していってください。
私は結構濃い味にします。

b0248410_10352691.jpgb0248410_10354283.jpg












小さめの保存容器に入れ上からオリーブオイルを流し込み酸化防止。
冷凍保存します。

b0248410_10355944.jpg












そして和のジェノベーゼです。
材料は春菊、にんにく、パルミジャーノ、白のすりごま、ごま油、グレープシードオイル、塩です。
ごま油は大さじ1くらいで主にグレープシードオイルが中心。
春菊の香りと胡麻が和の感じでおもしろいジェノベーゼです。
なんだか他のものでも作れそうな気がしますね~

b0248410_10361679.jpgb0248410_10363413.jpg













オイルをたくさん使うのでミキサーを洗うのはこれが楽です。
ぬるま湯に洗剤入れてブンと回すと奥がきれいになりますよ~^^

b0248410_10365162.jpgb0248410_10370744.jpg












今年初めて作った大玉スイカ。葉は枯れて実が残った状態のスイカですが食べてみようということで測ったら5.5kgありました。
割ると包丁入れた途端ぱきっといって中は真っ赤!甘くておいしいスイカでした。
すみません。美味しくて写真撮るのを忘れて残骸しか残らず・・・
b0248410_11073815.jpg


by toubou-yasaka | 2016-08-02 11:10 | 台所の時間 | Comments(0)